【最短借入】今すぐに1万円だけ借りたい

夕方も土日も今すぐ1万円借りる

プロミスやアコムのカードローンなら、1万などの小額借入の場合、収入証明書が不要で、運転免許証やパスポートなどの身分証明証で申し込みできます。

即日融資なら銀行系大手消費者金融

カードローンといえば、銀行と消費者金融が代表的ですが、今すぐにお金を借りるならプロミス、のアコム、SMBCモビット、アイフルなどの大手消費者金融がオススメです。
特に、銀行の営業時間外の借入なら、銀行が営業時間外の夕方・夜間はもちろん、土曜日曜祝日などの休日でも審査を行っているため、審査回答最短30分や申し込みから最短1時間融資が可能なので、即日融資をしたい場合にも助かります。

即日融資も可能な大手消費者金融

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス
三菱UFJフィナンシャル・グループのアコム
SMBCグループのSMBCモビット
東証一部上場のアイフル

1万円借りるときの利息はわずか

カードローンで1万円借りたいと思ったときに気になるのは金利ですが、5000円借りたい、1万円借りたいといったように借入金額が少額の場合には、金利の影響は受けにくいので支払い利息もわずかとなります。 こういった場合に注目するのは金利ではなく、いかに即日 1万円借りれる会社かどうかという点が重要です。

大手消費者金融は金利0円サービスあり

大手消費者金融のカードローンなら、初めての利用で最大30日間無利息など、実質金利0円といったように低金利や無金利でお金を借りることができます。

消費者金融・銀行の金利と利息の比較表

借入金額 プロミス金利 プロミス1万円利息 プロミス30日間無利息の場合の利息 バンクイック金利 バンクイック利息
1万円借りる 17.8% 146円 0円 14.6% 120円
※借入期間30日間の場合

プロミス&バンクイック30日の利息はズバリ!
1万円を30日間借入した時に、銀行カードローンのバンクイックと銀行系大手消費者金融カードローンのプロミスでは、30日間の利息の差はわずか26円です。

プロミスの利息計算方法

利用金額×実質年率÷365(日)×利用日数=利息

※うるう年は366日での計算となります
※1円未満は切捨てます
※返済額は1,000円未満を切り上げとなります
プロミスで1万円借りる時の利息計算
利用金額 1万円×実質年率 17.8%÷365日×利用日数 30日=利息 146円

※借入期間30日間の場合。はじめてプロミスでお金を借りる方なら30日間の無利息期間があるので支払利息は0円です

平日夕方も日曜日もプロミスから1万円借りる

土日祝日・平日夕方も、その日に借りたいなら断然プロミス

土日祝日や銀行営業時間外の平日夕方や夜間でも借りれる金融機関はいくつもありますが、土曜日曜平日夕方に今すぐお金を借りたいときはプロミスが便利です。 スマホ、パソコン、ケータイからインターネットで24時間365日いつでも申込み&審査をして、最寄の自動契約機ですぐに借入できます。
無人契約機は夜22時まで利用可能なので、土日や平日の夕方や夜間に突然、お金が必要になった場合にも対応できます!(※一部21時まで)

プロミス人気ポイント
・大手銀行系のSMBCコンシューマーファイナンスで安心
・インターネットでいつでも申込OK
・平日夕方夜間&土日でも審査回答最短30分
・土曜日、日曜日でも審査申し込みから最短1時間融資
・初めてなら30日間無利息サービス
・来店不要のインターネット返済が便利
・全国の提携ATMで24時間借入可能

30日間無利息!プロミスがNo1の理由

大手消費者金融を利用するだいご味は、審査のはやさとサービスが充実している点です。なかでも目玉のサービスが「はじめてお金を借りる方を対象に無利息サービスを行っている」ところ! ただ、同じ無利息でもその期間に大きな違いがあります!

プロミス:初回出金の翌日から30日間無利息
アコム&アイフル:契約翌日から30日間無利息

※メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要

はじめてのサービス利用で無利息!一例
たとえば「契約日の21日後に初めての借入をした場合」には、アコムやアイフルの場合、実際の無金利期間は9日間のみとなりますが、プロミスの場合は初回ご出金の翌日から30日間無利息なので、しっかり30日間無金利!借入開始時がいつでも30日間金利0円となります。 他社より優れたプロミスのメリットは、無駄なく30日間無利息キャッシングを利用できる点です。

その他プロミス独自サービスが充実

・プロミスを利用することでどんどん貯まるプロミスポイント利用」で無利息期間が適用されたりATM手数料が無料になるサービス
・プロミス会員限定の優待サービス「おとくらぶ」で旅・グルメ・ショッピングなど国内外20万か所以上の施設が割引
プロミス×三井住友VISAプリペイドカード

プロミスで今すぐ1万円借りたい時のポイント

こちらでは、プロミスで今すぐ1万円借りたい時に即日融資する具体的な方法や流れをご紹介しています。 プロミスで平日夕方土日にカードローン契約をする流れは、大きく分けて2つあります。

カード即日発行!WEB申込&自動契約機

(1)スマートフォン、PC、携帯電話からインターネットで24時間365日申込
(2)審査結果を受け取った後土日も営業している自動契約機(無人契約機)でカードローン契約&ローンカード受け取り
(3)24時間営業の提携コンビニATMや提携銀行ATMなどでお金借りる

来店不要で借入!WEB申込&即日振込

(1)スマートフォン、パソコン、ケータイからインターネットで24時間365日申込
(2)審査結果を受け取った後審査結果確認後、来店不要でwebにてカードローン契約
(3)24時間OK!最短10秒で指定口座へ振り込みキャッシングでお金を借りる

プロミスは24時間最短10秒で1万円借りれる

プロミスなら、平日夕方・夜間・早朝、土曜日・日曜日:祝日(祭日)などの休日でも、来店不要で家から1万円借りれるので、誰にも会わずにキャッシングできるのが大きなメリット!
プロミスの瞬フリを利用することで、平日はもちろん土・日・祝日でも受付完了から最短10秒程度振込キャッシング可能なので、自宅から一歩も出ないでお金を借りることができます。
※瞬フリは24時間振込み可能のサービスです。
瞬フリ対象銀行一覧
三井住友銀行やジャパンネット銀行などの24時間振込可能な金融機関

※システムメンテナンス中や正月、ゴールデンウィークのメンテナンス中、各金融機関の臨時のサービス停止などにより振込が行えない場合もあります

平日夜間土日休日に1万円借りたい時に必要なもの

カードローンでお金を借りる際には、必ず必要となる本人確認書類と、借入希望額(借入限度額)によって追加で提出を求められる収入証明書類があります。
1万円借りる際には、ほとんどの業者で本人確認書類のみでお申し込み可能です。

本人確認書類

運転免許証
パスポート
マイナンバーカード
健康保険証+住民票など

収入証明書類

源泉徴収票(最新のもの)
確定申告書(最新のもの)
給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
※賞与がないお客さまは直近2ヶ月の給与明細書をご用意ください。

収入証明書類の提出条件
ご希望のお借入額が50万円を超えるお客さま
ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超えるお客様
※金融庁が定める貸金業法により、消費者金融などの貸金業者では一定条件を超えると収入証明書類の提出が必要となりますが、1万円借りるくらいの金額であれば収入証明書の提出は不要です。

カードローン以外で1万円借りる方法

家族・友人・恋人から1万円借りる

カードローン以外でお金を借りる場合、身近なところからお金を借りるなら、親兄弟などの家族・親族、友人知人などの友達や知り合い、彼氏彼女などの恋人からお金を借りるのもひとつの手段と言えます。 これらのお金の借り方は、相談してすぐに借りることができる、短期間であれば利息を払わずにお金を借りれる可能性があるといったメリットもあります。 ただ、身近な存在ということで即日 1万作る方法としては確かにお金を借りやすいかもしれませんが、借金を申し入れることで心配をかけてしまったり、関係性が崩れてしまったりといったデメリットもあります。
金額が少額なので、なかには気軽に「一 万 円 貸し ます」と言ってくれる場合もあるかもしれませんが、お金の貸し借りをすること自体が気を遣うことでもあるため、むやみやたらとお金を借りるのではなく、あとあと問題とならない相手からお金借りるなど、借入先は見極めたほうが良さそうです。

クレジットカードのキャッシング枠で1万借りる

多くのクレジットカードには、ショッピング機能のほかにキャッシング機能を備えており、あらかじめ定められた範囲内でお金を借りることができます。 一般的にキャッシングの利用枠はさほど大きくないため、利用限度額を確認する必要がありますが、1万円借りるくらいであれば、問題なくキャッシングできるでしょう。 ただし、キャッシング機能の利用設定がされていない場合には、あらためてキャッシング機能利用の申し込みが必要となり、審査自体には1週間ほどの時間もかかるため、即日融資をするには不向きです。 また、カードローンとは違って契約者の都合や希望による一部返済や全額返済などの自由な返済ができず、原則として返済日を変えることもできないため返済日の調整ができず、借入期間分の利息を支払わなければならないので、支払い利息が高くなってしまう場合があります。

今すぐ1万円だけ必要な理由とは

クレジットカードの支払いや家賃・水道光熱費・携帯電話代の引落しのお金がない
生活費が足りない
飲み会続きで1 万 円 足り ない
給料日前で単純にお金が欲しい
冠婚葬祭で臨時の出費があり現金が足りない
旅行に誘われてすぐ に 1 万 用意 する必要がある
お金を借りる理由はさまざまですが、生活費の不足や娯楽代金など、日常的な借入理由も多く、カードローンの利用は一般的になっています。 お給料日前で数日から数週間など一時的にお金が不足している、返済するアテはあるけれど今だけお金がないなど、気軽に借り入れできるので、便利に利用していきましょう。

1万円借りたい!金融豆知識

総量規制と消費者金融カードローンの関係

総量規制とは、原則として個人の借入総額が年収などの3分の1までに制限されるもので、消費者金融カードローンやクレジットカードのキャッシング枠などはこの総量規制の対象となります。 具体的な例をあげますと、たとえば、「消費者金融のカードローンで10万借りたい」といった場合には、少なくとも年間30万円以上の収入が必要!ということになります。 そういった点でいいますと、消費者金融は総量規制の対象となっていることから、年収の3分の1を超える新たな借入はできないこともあり高額借入には向いていないとも言えますが、逆に、今すぐ一万円必要、今すぐ二万必要といった具合に借入希望額が少額の場合には、気にせず借入可能です。

【Q&A】 日曜日1万円カードローン

把握していたい、お正月にお金を借りる方法
1 万 融資、3 万 融資、5 万 融資を受ける…といった具体に、借金 少額だったとしても、お正月にお金を借りるのは結構難しいのです。 なぜなら正月にお金 今日 中借りたい!と思っていても、銀行は一斉に休みに入っているため営業日までは相当な日数があるからです。 たとえば2014年では4日、5日が土日に当たっているために年始の営業日は1月6日からになりますので、すぐ に 1 万 用意 することもできません。 お正月にお金が必要になり、消費者金融系でローン口座を直ちに作ることを例にとって説明しましょう。 消費者金融系の業者は365日24時間対応が可能で、審査はすぐおりるのですが、お正月ならではの注意点が必要です。 まず、現金を引き出すためのカードを手に入れるのが難しいです。 郵送で送ってもらうとしたら時間がかかります。 また、自分の口座に振り込んでもらうとしても、銀行が休みのため、次の銀行営業日にまで待たなければなりません。 24時間稼働しているはずのネットバンクもメンテナンスに入って着金が確認できなかったり、お金がおろせなかったりすることがあります。 この時期に、お金 を 借りる なら どこ?と気になる方も多いかと思いますが、何が稼働していて何が稼働していないのかを把握しておかないと、せっかく消費者金融系のローン口座は開いたが現金をおろすことができなかったということになりかねません。 普段ならネットで申し込めるのですが、この時期に限っては業者の設置しているローン申込機まで足を運んで申し込むのが無難です。 カードを機械から受け取ることができ、その場で現金を借り入れることができるからです。 年末年始休みの時期は普段とは違う状況だと言うことを理解しておくことが大切です。 また、今すぐ一万円必要になった場合でも困らないように、プロミス、アコム、アイフル、レイク、ジェイスコア(jscore)など大手消費者金融などで事前にキャッシングできる体制を取っておくことも重要です。

関連ページ

【最短借入】今すぐに2万円だけ借りたい
《即日融資対応》 今すぐに2万円だけ借りたいときに!平日はもちろん、土曜日・日曜日に2万円借りる方法はコレ!土日でも即日融資で借りれる業者やカードローン、クレジットカードを掲載しています。
【最短借入】今すぐに3万円だけ借りたい
《即日融資対応》 今すぐに3万円だけ借りたいときに!平日はもちろん、土曜日・日曜日に3万円借りる方法はコレ!土日でも即日融資で借りれる業者やカードローン、クレジットカードを掲載しています。
【最短借入】今すぐに5万円だけ借りたい
《即日融資対応》 今すぐに5万円だけ借りたいときに!平日はもちろん、土曜日・日曜日に5万円借りる方法はコレ!土日でも即日融資で借りれる業者やカードローン、クレジットカードを掲載しています。
【最短借入】今すぐに10万円借りたい
今すぐに10万円借りたいときに!平日はもちろん、土曜日・日曜日に10万円借りる方法はコレ!土日でも即日融資で借りれる業者やカードローン、クレジットカードを掲載しています。
【最短借入】今すぐに20万円借りたい
今すぐに20万円借りたいときに!平日はもちろん、土曜日・日曜日に20万円借りる方法はコレ!土日でも即日融資で借りれる業者やカードローン、クレジットカードを掲載しています。
【最短借入】今すぐに30万円借りたい
今すぐに30万円借りたいときに!平日はもちろん、土曜日・日曜日に30万円借りる方法はコレ!土日でも即日融資で借りれる業者やカードローン、クレジットカードを掲載しています。
【最短借入】今すぐに40万円借りたい
今すぐに40万円借りたいときに!平日はもちろん、土曜日・日曜日に40万円借りる方法はコレ!土日でも即日融資で借りれる業者やカードローン、クレジットカードを掲載しています。
【最短借入】今すぐに50万円借りたい
今すぐに50万円借りたいときに!平日はもちろん、土曜日・日曜日に50万円借りる方法はコレ!土日でも即日融資で借りれる業者やカードローン、クレジットカードを掲載しています。