ネガティブ情報とは

あなたは大丈夫?気になるネガティブ情報

お金を借りるためにキャッシングを利用したり、ローンを組んだりした場合や、クレジットカードを作成すると、契約者の氏名や生年月日、住所などの個人情報と契約額や借入額、返済状況などの信用情報が信用情報登録機関に登録されます。 これらの情報のうち、返済の遅滞や滞り、返済不能、民事再生や自己破産といったマイナスの情報をネガティブ情報と呼びます。 つまり、貸付を行う業者からすれば、貸したくない客、貸すとリスクが高い客であることを示す情報といえるでしょう。 金融機関や貸金業者で借入の申し込みや、クレジットカードの申し込みをする場合、個人情報や信用情報を提供して審査が行われます。 この際、金融機関や貸金業者では顧客から提供された情報のほかに、信用情報登録機関に照会をかけ、過去の情報を調べます。 この際にネガティブ情報が見つかると、審査が通らなかったり、希望した額よりも少ない借入額しか認められなかったりというケースがでてきます。 これに対して、不払いや遅滞、自己破産などの情報がない履歴はポジティブ情報と呼ばれています。 これらは借りる側の情報についてマイナスの面を示すものですが、最近では貸し付ける側のマイナス面について言われることもあります。 貸し付けを行う業者についてのネガティブ情報とは、無登録業者などのヤミキンはもとより、適用される法律に違反して行政処分を受けている、あるいは自主規制機関から顧客や契約者への対応を巡って指導や厳重注意を受けたことがあるといって過去の処分歴をはじめ、業者が事業を運営するうえで有利に働かない、信頼が低下する情報をいいます。

関連ページ

借入極度額と契約限度額の違いとは
借入極度額と契約限度額の違いを理解して、失敗しない、損をしないでお金を借りましょう!
地域の地域による地域のための信用金庫
信用金庫は1951年に制定された信用金庫法という法律で定められた金融機関です。
みなし弁済の内容と適応される条件とは
融資をうける側の人が法律の範囲内でない・超えてる利息だと認識してお金を借りるのであれば、過払い金の請求を法律の上からではできないことになってます。これを、みなし弁済というのです。