みなし弁済の内容と適応される条件とは

みなし弁済の内容と適応される条件とは

融資を受ける際、その利息は幾らなのか・利息が法律で定められてる範囲内なのかどうか、事前に金融機関が説明しなければならないのです。 そして、融資をうける側の人が法律の範囲内でない・超えてる利息だと認識してお金を借りるのであれば、過払い金の請求を法律の上からではできないことになってます。 これを、みなし弁済というのです。 しかし、現実ではみなし弁済が適応されるケースはほとんどありません。 総てといっていいほど、過払い金の請求ができます。 それでは、どのような場合に適応されるのでしょうか。 まず、お金を融資する業者が、貸金業者の登録をしてる場合です。 ですから、闇金といわれる法定利息以上の金利で貸し付ける業者は、法的にも認められません。 次に、融資を受けた際に、書類が交付されてなければ適応されないのです。 お金を借りる契約をする場合、契約を交わした日付・金融業者の商号と住所・融資される金額・金利・返済方法といったものが、キチンと明記されてる書類の交付がなければなりません。 その次に、利息の説明があったかどうかです。 利息が法律の範囲以上であるのを、融資を受ける人が説明を受けて認識してなければなりません。 この点が重要です。 最後に、利息をどのくらい支払わなければならないか、この点を融資を受ける人へ認識させなければなりません。 毎月の返済金で、元金がいくら・利息がいくらの割合・金額となるか、キチンと説明しなければならないのです。

関連ページ

借入極度額と契約限度額の違いとは
借入極度額と契約限度額の違いを理解して、失敗しない、損をしないでお金を借りましょう!
地域の地域による地域のための信用金庫
信用金庫は1951年に制定された信用金庫法という法律で定められた金融機関です。
ネガティブ情報とは
あなたは大丈夫?気になるネガティブ情報

PAGE TOP