借入極度額と契約限度額の違いとは

借入極度額と契約限度額の違いが分からないときに

お金を借りようとする際、気になることはどのくらいまで融資を受けることができるのかということではないでしょうか。 特にまとまった高額な金額が必要な場合、いったい業者はいくらまで融資をしてくれるのかが問題になるのではないでしょうか。 融資側の金融業者の立場に立てば、融資した相手がきちんと期日までに返済をしてくれるかどうかが重要なポイントとなります。 もし融資した相手が、きちんと返済期日までにお金を返してくれなければ、業者が負債を抱え込む危険もあるため、融資額については慎重に決定しなければなりません。 そこで業者側は、あらかじめ、借入極度額や契約限度額というものを顧客のランクに合わせて定めているのです。 一般に借入極度額とは、貸金業者などを利用した場合に、最大限融資が可能な金額のことを言います。 契約限度額というのは、契約上最大で融資が可能な額のことを言います。 つまり借入極度額と契約限度額は同じ意味合いで使用されることが多いです。 貸金業者側にすれば、この限度額いっぱいまで、お金を融資することはまずあり得ません。 よほど信用性が高い方か、確かな価値のある担保物件がなければ融資することは稀でしょう。 貸金業者側がこの極度額や限度額を設けているのには、理由があります。 それは、貸金業者側が主体となって設定額をいつでも変えることができるからです。 融資した相手の様子を見て、返済状況が良いと判断すれば、設定額を増やし、さらに金銭を貸付け利益を生むこともできるからです。

関連ページ

地域の地域による地域のための信用金庫
信用金庫は1951年に制定された信用金庫法という法律で定められた金融機関です。
ネガティブ情報とは
あなたは大丈夫?気になるネガティブ情報
みなし弁済の内容と適応される条件とは
融資をうける側の人が法律の範囲内でない・超えてる利息だと認識してお金を借りるのであれば、過払い金の請求を法律の上からではできないことになってます。これを、みなし弁済というのです。

PAGE TOP