優遇金利とは

優遇金利とは

優遇金利とはどういう意味か知りたい方へ。 住宅ローンやその他融資を利用される場合、優遇金利という言葉を聞くことも少なくないでしょう。 これはどういう意味かと言えば、一般にその金融機関が適用している住宅ローンや融資の利率よりも借り手側に有利な利率を適用するという意味です。 全てのローン利用者がこの恩恵を受けられるわけではありませんし、期間限定でそのようなキャンペーンを行っていることが多いですが、これに該当するケースではまずは利用を検討したいものです。 また、優遇金利には、一定期間のみの適用と、返済が終わるまでの全ての期間において適用されるものがあります。 一定期間のみの適用の方が、その期間は割引率が高いかもしれませんが、一般居は全期間適用型のものがお得であることが多いようです。 どちらが有利かを比較するには、同じ期間での総額返済の金額を出してもらえばすぐに比較ができます。 優遇金利が適用されるためには、銀行や金融機関と一定種類の他の取引が必要だったり、その人自身の信用力が必要であったりという場合もありますので、必ずしも希望通りにその金利が適用されるかはわかりませんが、まずは、申し込んでみるということが良いでしょう。 結果は審査しだいです。 またこのような有利な金利の適用は、金融機関によって差が出てきますので、じゅうたくローンのようなまとまった額の融資を受ける場合には、必ず他のローン商品との比較をしてみることも大切です。 このような情報はインターネットでも調べることが可能です。

関連ページ

無利息期間とは
無利息期間とは、文字通りある一定期間なら利息が必要ない、利用しても利息がかからない期間のことを言うのです。
約定利率とは
約定利率とは当事者によって定められた利息のことであり、この利息の金額に基づいて取引を行います。
実質金利とは
みなし利息とは
法定利率とは
利息に関する借り入れトラブルを防ぐために、当事者同士が利息の取決めを行わないまま貸付契約した場合に適用させる法的な利率を設けました。これが法定利率です。
返済しやすい固定金利について