約定利率とは

約定利率とは

ローン契約を行う場合には利息をどのように扱うかによって支払う金額が変わってくるために、ローンを選ぶために重要な項目になります。 約定利率とは当事者によって定められた利息のことであり、この利息の金額に基づいて取引を行います。 利息の金額が高ければ支払う金額が高くなるために、契約者の負担を抑えるために行う方法であり契約者側はきちんとした返済を行う必要があります。 約定利率を設定することで利息の金額を柔軟に設定することができ、契約者の意見を聞きながら調整することが可能ですが利息制限法などを守って設定する必要があります。 ローン契約を行うには利息の金額を自由に決められる特長を活かし契約者に返済できやすい方法を提案することで、契約者にも安心して利用してもらうことができます。 約定利率を設定することで契約者にも安心して利用してもらえるメリットがありますが、正しい方法で返済を行ってもらう必要があり、契約者に納得してもらう必要があります。 契約者がローンを選ぶには利息の金額を比較しながら選ぶ方法が多いですが、これらの利息の金額よりも安く定めることで契約者を増やすことが可能です。 利息の金額を自由に決められることがメリットですが、様々な制限などが介在するために違反をしないようにすることが求められます。 会社側にとっては利率を設定することは契約者の希望に合わせることや法律で定められた利率を守る必要があるために難しいことが現実です。

関連ページ

無利息期間とは
無利息期間とは、文字通りある一定期間なら利息が必要ない、利用しても利息がかからない期間のことを言うのです。
実質金利とは
優遇金利とは
優遇金利には、一定期間のみの適用と、返済が終わるまでの全ての期間において適用されるものがあります。
みなし利息とは
法定利率とは
利息に関する借り入れトラブルを防ぐために、当事者同士が利息の取決めを行わないまま貸付契約した場合に適用させる法的な利率を設けました。これが法定利率です。
返済しやすい固定金利について

PAGE TOP