みなし利息とは

みなし利息とは

不正な取り立てを防ぐ「みなし利息」とは? キャッシングをした場合、利息をつけて返済していくことになりますが、この利息は利息制限法という法律で定められた範囲を超えてはなりません。 具体的には、10万円以下の場合の20%以内、10万円から100万円までは18%、そして100万円を超える場合は15%までと決まっています。 ところで、みなし利息という言葉を聞いたことがあるでしょうか。 これは金銭を目的とした消費貸借に関して、もし債権者が利息以外に費用を徴収した場合、それも利息とみなすというものです。 たとえば、礼金や割引金、各種手数料や調査料など、どのような名前がつけられようとも、元本以外に請求された費用のすべてが、利息の一部とみなされます。 唯一の例外は、契約の締結及び債務の弁済の費用です。 なぜ、このようなみなし利息が定められているのでしょうか。 それは債務者を不当に高い利息から守るためです。 貸金業法が大幅に改正されてグレーゾーン金利が廃止されたことにより、ローン会社は大幅な収入減となってしまいました。 そこでそれを補うために、様々な名目をつけて、利息以外から費用を徴収する可能性があったのです。 しかしそれでは債務者を守る意味がなくなってしまいます。 そこで、元本以外の請求をすべて利息とみなすことで債務者が守られることになったのです。 ただ、ATMの手数料やカード再発行料など、みなし利息の範囲で曖昧な部分が存在しているのも事実です。 金融機関ではその対応に苦慮していると言われています。

関連ページ

無利息期間とは
無利息期間とは、文字通りある一定期間なら利息が必要ない、利用しても利息がかからない期間のことを言うのです。
約定利率とは
約定利率とは当事者によって定められた利息のことであり、この利息の金額に基づいて取引を行います。
実質金利とは
優遇金利とは
優遇金利には、一定期間のみの適用と、返済が終わるまでの全ての期間において適用されるものがあります。
法定利率とは
利息に関する借り入れトラブルを防ぐために、当事者同士が利息の取決めを行わないまま貸付契約した場合に適用させる法的な利率を設けました。これが法定利率です。
返済しやすい固定金利について