返済しやすい固定金利について

返済しやすい固定金利について

借り入れをするときには金利タイプを選ぶ事は必要ですが、その一つといて注目されているのが固定金利です。 この金利タイプはどういったものかというと、契約をした時点で金利を取り決め、その金利が完済まで続くものを指します。 通常、金利は色々な要因で変動します。 もっとも大きい要因が金融政策です。 日銀が政策金利を決定し、それに近づくように誘導をします。 もう一つが景気です。 景気が良い時期には企業が資金を多く必要としますから、高い金利であっても借りる企業が増え、それによって市場の金利は上昇する傾向があります。 現在は非常に金利が低い状態ですが、これは両方が影響していると言えるでしょう。 企業が設備投資を控えているために資金需要は低くなり、それによって金利は低くなっています。 また、日銀は系対策の一つとして低金利政策をとっていますから、非常に低い金利になっていると言えるでしょう。 異次元緩和などと言われることもあるくらいで、現在は歴史的に見ても金利は非常に低い状態だと言えるでしょう。 もしも景気が回復すれば通常の金利に戻るわけですから、現在よりも金利は高くなると考えられます。 この事を考えた場合、固定金利で借りておいたほうが良いと考えられます。 短期的な資金であれば他の金利タイプで借りるのも良い方法ですが、長期的に見れば将来的な利上げは避けることができないと考えられますから、やはり固定金利で借りておく方が安心でしょう。

関連ページ

無利息期間とは
無利息期間とは、文字通りある一定期間なら利息が必要ない、利用しても利息がかからない期間のことを言うのです。
約定利率とは
約定利率とは当事者によって定められた利息のことであり、この利息の金額に基づいて取引を行います。
実質金利とは
優遇金利とは
優遇金利には、一定期間のみの適用と、返済が終わるまでの全ての期間において適用されるものがあります。
みなし利息とは
法定利率とは
利息に関する借り入れトラブルを防ぐために、当事者同士が利息の取決めを行わないまま貸付契約した場合に適用させる法的な利率を設けました。これが法定利率です。

PAGE TOP