実質金利とは

実質金利とは

物価上昇率を加味するのが実質金利。 金利には預金金利や債券の金利、各種ローンの金利など様々なものがあります。 通常公表されている適用金利は表面的なものであり、名目金利とも呼ばれます。 これに対して、物価上昇率を加味し、名目金利から物価上昇率を控除したものを実質金利と呼びます。 たとえば、表面利率2%の時に、100万円の車を買うために100万円を借りるとした場合、1年後に返済するのは元金の100万円と利息の2万円です。 この時、物価が3%上昇したとしましょう。 1年前に100万円で販売されていた車は、単純に計算すると103万円になっています。 つまり、お金を借りて利息を支払っても、物価が上昇したために1万円の得をしたことになるのです。 このように物価上昇が予想される状況では、今のうちに借りておいたほうが得と判断され、借入需要が増大し、預金の供給が減る結果、借入金利は上がることになります。 一方、1年後に物価がマイナス2%だった場合はどうでしょうか。 100万円の車は98万円で売られることになります。 表面利率2%で借りてまで買った人は、98万円で売られているときに102万円の返済をしなければならなくなり、4万円損をしたのと同じになります。 こうした状況では逆に今はお金を借りて買わずに、預金をして資産を増やしながら待つという判断が働きます。 その結果、資金需要が減って資金供給量が増えるので、貸付金利は下がります。 つまり、実質金利が低ければ資金需要が高まって、金利は上昇に転じ、実質金利が高い場合には資金需要が減り、金利も低下していくのです。

関連ページ

無利息期間とは
無利息期間とは、文字通りある一定期間なら利息が必要ない、利用しても利息がかからない期間のことを言うのです。
約定利率とは
約定利率とは当事者によって定められた利息のことであり、この利息の金額に基づいて取引を行います。
優遇金利とは
優遇金利には、一定期間のみの適用と、返済が終わるまでの全ての期間において適用されるものがあります。
みなし利息とは
法定利率とは
利息に関する借り入れトラブルを防ぐために、当事者同士が利息の取決めを行わないまま貸付契約した場合に適用させる法的な利率を設けました。これが法定利率です。
返済しやすい固定金利について

PAGE TOP