アドオン方式とは | 日曜日キャッシング可能!

地域の地域による地域のための信用金庫

信用金庫は1951年に制定された信用金庫法という法律で定められた金融機関です。
お金を預かったり融資をしたりと、銀行と業務はかなりかぶっている面が多い金融機関ですが、相違点もあります。
一番の違いは銀行は普通の株式会社であり、基本的に利益を追求するものであるのに対して、信金は会員の出資による協同組織の非営利法人であるという点です。
会員同士で助け合うための金融機関というわけで、多大な利益を出すのが目的ではないため貸し渋りが起こりにくいとされています。
また、地域密着型の金融機関であるという特徴もあります。
地域の相互扶助を目的としているため、会員になるには個人の場合は地域内に住んでいるか仕事場がある必要が、事業者は事業所がある必要があります。
また事業者は従業員300人以下もしくは資本金9億円以下でなくては会員になれないという縛りがあります。
これは信金の経営理念のひとつに「中小企業の健全な発展」があるためです。
会員になるには出資金を払います。
そしてそれに応じて出資証券が発行されます。
出資金に応じて配当があるなど、株券と似たところがありますが、株と違うところは出資金が多かろうが少なかろうが議決権は会員ごとに一票です。
脱退すると出資金は戻ってきますし、株と違い時価で価値が変動しないので損はしない仕組みです。
融資先は基本的に会員のみです。
非営利団体という特性から、金利も比較的低めに抑えられています。
ちなみに預金はだれでもできます。
中小企業が成長していくと、従業員が300人を超えてしまったりして制限の枠を超えてしまうことがあります。
俗に卒業生と呼ばれ、こうなると本来は融資を受けられなくなるわけですが、すぐさま融資が受けられなくなると企業活動に支障が出かねないため会員資格は失うものの、暫定的に期限付きで引き続き融資が受けられる仕組みになっています。

ページトップへ戻る