多重債務者とは

多重債務者という状態はこういう状態

多重債務者という状態は、一般的に『複数のところから借金がある』という状態を指します。
この場合は特に友人や親からなどの借り入れではなく、金融機関や消費者金融などからの借り入れが複数ある状態を指します。
と言っても、実はただ複数借り入れがあるだけというだけではそう問題はありません。
というのもきちんと借りてきちんと返すということができていれば、その場合は借り入れについて問題はそう強くありません。
問題になるのは、借り入れすぎて借金が返済できなくなっていたり、借金がある状態が非常に重くなることです。
特に、返済のために借り入れを行うというような『自転車操業』という状態になれば、これはとても大きな負担になります。
この状態を改善するためにはいろいろな方法がありますが、どちらにせよ借金を少しずつ返済していくということが大事なことになります。
この場合はおまとめローンや借金について詳しい弁護士に借金の整理などをしてもらうこともできますが、一方で収入を増やすことも大事なことといえるでしょう。
最近は特に借金の種類も増えてきて、このため首が回らなくなったり、気がつけばとんでもない金額になってしまっているようなこともあります。
この時にはもうプロの手を借りるのが一番素早くその状態を改善できるようになるということもありますね。
たくさんのひとがこの状態から脱しています。
少なくとも今の状況をしっかり把握するだけでも、だいぶ変わってきますよ。

関連ページ

任意整理とは
任意整理とは、借金は返したい、でも今の金利ではどうしても返済できないという時に借金の減額などをお願いする事を言います。
闇金融、通称ヤミキンとは
闇金融の中にはこの法律を無視して、法的な利率は20パーセント以上を搾取して運営されているところがあります。
債務超過とは
資産よりも借金の方が多いので、資産を全て売却したりしてお金を作っても、まだ借金が残り、いつまでたっても返済できません。この状態を、債務超過と呼ぶのです。
避けたい!債務不履行のリスク
自己破産とは
延滞損害金が発生する状況とは
お金を借りた時に返済が滞ることで発生します。大体の場合は年利20パーセントを超えるとても高い金額ですが、この金額はいったいどういう状況で発生するのでしょうか。
強力な人的担保となる連帯保証人とは?
保証人というのは借り入れする際の人的担保であり、お金を貸す債権者である金融機関や貸金業者から指定することを求められることがあります。
不良債権の定義とは

PAGE TOP