債務超過とは

注意しておきたい借金問題と債務超過

高価な物を買う時や、急な出費で困った時などに借金をしてお金を借りるかと思います。 ただ、便利だからと言って借り過ぎると、自分の返済能力を超えてしまう事もあるのです。 そして、時には借金総額が自分の資産総額を超えてしまう事もあります。 勿論、それでも月々コンスタントに返済が出来れば良いのですが、返済ができなくなってしまう人の方が多いでしょう。 勿論、資産よりも借金の方が多いので、資産を全て売却したりしてお金を作っても、まだ借金が残り、いつまでたっても返済できません。 この状態を、債務超過と呼ぶのです。 こうなってしまうと、自分ではどうこうできる問題ではなくなっていく為、まずは沢山の金融機関からお金を借りている場合は、一つにまとめる所から始める必要があります。 これをおまとめローンと呼び、今までよりも低金利の所で借り入れれば、より楽に返済できるようになる方法です。 ただ借入件数が多くなると、これを利用する事もできません。 そうなると次は、債務整理を行う事になります。 自分で行う事もできますが、金融機関側は知識がない素人と交渉を行うことが難しく、結果的に弁護士や司法書士に相談しなければいけません。 そして、任意整理や自己破産などを行います。 ただこれも、どんな場合でもできるわけではない事、プロにお願いする費用が発生する事も理解しておかなければいけません。 従って、借金をする時は債務超過に陥らないように注意が必要です。 また自分でお金の管理をして、今どれだけ借金の残高があるか、月々どれだけ返済しているかを把握しておくようにしましょう。

関連ページ

多重債務者とは
多重債務者という状態は、一般的に『複数のところから借金がある』という状態を指します。
任意整理とは
任意整理とは、借金は返したい、でも今の金利ではどうしても返済できないという時に借金の減額などをお願いする事を言います。
闇金融、通称ヤミキンとは
闇金融の中にはこの法律を無視して、法的な利率は20パーセント以上を搾取して運営されているところがあります。
避けたい!債務不履行のリスク
自己破産とは
延滞損害金が発生する状況とは
お金を借りた時に返済が滞ることで発生します。大体の場合は年利20パーセントを超えるとても高い金額ですが、この金額はいったいどういう状況で発生するのでしょうか。
強力な人的担保となる連帯保証人とは?
保証人というのは借り入れする際の人的担保であり、お金を貸す債権者である金融機関や貸金業者から指定することを求められることがあります。
不良債権の定義とは

PAGE TOP