強力な人的担保となる連帯保証人とは?

強力な人的担保となる連帯保証人とは?

保証人というのは借り入れする際の人的担保であり、お金を貸す債権者である金融機関や貸金業者から指定することを求められることがあります。 人的担保というのは不動産などの物的担保に類する概念です。 不動産を担保にしたローンでは、もし返済が不能になった場合は不動産を売却して債務の弁済に充てられます。 これに対して人的担保の場合は、主債務者が返済不能になった場合は、保証人に対して支払えということができ、保証人の財産を担保にしているということができるでしょう。 人的担保として保証人という言葉を使いましたが、連帯保証人は保証人よりも、ずっと担保として強力です。 つまり、債権者にとって有利な担保となります。 それはというと、保証人の場合には法律上、催告の抗弁権と検索の抗弁権というのがあります。 催告の抗弁権というのは、債権者が保証人に払えと請求してきた場合に、「自分ではなくまずは主債務者に請求せよ」と言える権利です。 そして、検索の抗弁権とは債権者が保証人の財産に強制執行をかけようとしたような場合に、「主債務者の財産を差し押さえよ」と言える権利になります。 保証人はあくまでも主債務者に対して、従たる債務者なのです。 これに対し、連帯保証人になると主債務者と連帯性を帯びるため、この催告の抗弁権と検索の抗弁権を主張できません。 そのため、非常に重たい負担と責任を負うことになるといえるでしょう。 法人が借り入れをする際に、代表取締役が連帯保証人になることを求められるケースがよくあります。

関連ページ

多重債務者とは
多重債務者という状態は、一般的に『複数のところから借金がある』という状態を指します。
任意整理とは
任意整理とは、借金は返したい、でも今の金利ではどうしても返済できないという時に借金の減額などをお願いする事を言います。
闇金融、通称ヤミキンとは
闇金融の中にはこの法律を無視して、法的な利率は20パーセント以上を搾取して運営されているところがあります。
債務超過とは
資産よりも借金の方が多いので、資産を全て売却したりしてお金を作っても、まだ借金が残り、いつまでたっても返済できません。この状態を、債務超過と呼ぶのです。
避けたい!債務不履行のリスク
自己破産とは
延滞損害金が発生する状況とは
お金を借りた時に返済が滞ることで発生します。大体の場合は年利20パーセントを超えるとても高い金額ですが、この金額はいったいどういう状況で発生するのでしょうか。
不良債権の定義とは