任意整理とは

多重債務に陥ってしまった時は任意整理

借金をする理由は人それぞれです。
決められた日に決まった額をしっかりと返済できれば良いのですが、滞ってしまう事もあります。
またそもそも借りる癖が付いてしまうといくつもの所から借りてしまう可能性も否定できません。
そうなるとドンドン借金自体が増えて行ってしまい、結果的に借金で借金を返済するようになる、つまり多重債務に陥ってしまいます。
そこでその問題を解決する方法の一つが任意整理です。
借金は返したい、でも今の金利ではどうしても返済できないという時に借金の減額などをお願いする事を言います。
金利等がカットされる事になるので、毎月の返済が今よりも楽になりますが、いつまでもズルズルと引き伸ばしながら返済できるわけではありません。
原則的には3年間で返済する事になるので、まず借金がある人には一定の安定した収入がある必要が有ります。
全く収入がない、安定していないという人は別の方法を選ぶようにしましょう。
ただ、借金がある人にとっては魅力的な方法に見えますが、現在、国内にある金融機関は個人的に任意整理を申し出たとしてもまず受け付けてくれません。
必要な手続きを確実にするためにも、弁護士や司法書士に相談し、依頼する様にしましょう。
また任意整理は借金の減額等をしてもらうだけの事に見えますが、実際にはこれを行う時に一緒に過払い金の請求を行っています。
その為、月々の返済が楽になるだけでなく、借金の総額が減る事も少なくありません。

関連ページ

多重債務者とは
多重債務者という状態は、一般的に『複数のところから借金がある』という状態を指します。
闇金融、通称ヤミキンとは
闇金融の中にはこの法律を無視して、法的な利率は20パーセント以上を搾取して運営されているところがあります。
債務超過とは
資産よりも借金の方が多いので、資産を全て売却したりしてお金を作っても、まだ借金が残り、いつまでたっても返済できません。この状態を、債務超過と呼ぶのです。
避けたい!債務不履行のリスク
自己破産とは
延滞損害金が発生する状況とは
お金を借りた時に返済が滞ることで発生します。大体の場合は年利20パーセントを超えるとても高い金額ですが、この金額はいったいどういう状況で発生するのでしょうか。
強力な人的担保となる連帯保証人とは?
保証人というのは借り入れする際の人的担保であり、お金を貸す債権者である金融機関や貸金業者から指定することを求められることがあります。
不良債権の定義とは

PAGE TOP