不良債権の定義とは

不良債権の定義とは

カードローンなど金融機関の融資に関して、金融機関が一番心配することは貸したお金が返済されるかどうかと言うことでは無いでしょうか。 その為に、金融機関の厳格な審査があって、融資決定するかどうかを判断するのです。 カードローンの審査は、一般の融資よりは属性などの外形的審査が主流で簡単だと言われていますが、借りたお金を返さないで不良債権とした債務者は一定期間カードローンを申し込んでも必ず否決されます。 不良債権を一言で言うと、「回収不能な元本と利息または延滞した貸金などの債権」となっています。 金融庁ではその分類を、破綻先債権、延滞債権、3カ月以上延滞債権、貸出条件緩和債権を不良債権と定義しています。 貸出条件緩和債権とは、いわゆる一般的に言われているリスケジュール、つまり当初に決められた条件通りに返済できないため、金利が軽減されたり元本の返済を猶予してもらったりしている債権のことで、例えば住宅ローンを借りていて、融資決定の貸し出し条件を守れずに、返済金額を安くしてもらった、などで、金融機関にとってはリスクのある債権といえるでしょう。 経済情勢の変化、会社を解雇されたなど、自身を取り巻く環境によって返済できなくなることがありますが、金融機関にとっては貸し出した資金が回収できなくなることによって大きな損害を受けることになり、その比率が高くなれば今度はその金融機関が経営的に危なくなるのです。 融資を受ける際は、ある程度返済に余裕を持って、リスクを十二分に理解した上でお金を借りることが大切です。

関連ページ

多重債務者とは
多重債務者という状態は、一般的に『複数のところから借金がある』という状態を指します。
任意整理とは
任意整理とは、借金は返したい、でも今の金利ではどうしても返済できないという時に借金の減額などをお願いする事を言います。
闇金融、通称ヤミキンとは
闇金融の中にはこの法律を無視して、法的な利率は20パーセント以上を搾取して運営されているところがあります。
債務超過とは
資産よりも借金の方が多いので、資産を全て売却したりしてお金を作っても、まだ借金が残り、いつまでたっても返済できません。この状態を、債務超過と呼ぶのです。
避けたい!債務不履行のリスク
自己破産とは
延滞損害金が発生する状況とは
お金を借りた時に返済が滞ることで発生します。大体の場合は年利20パーセントを超えるとても高い金額ですが、この金額はいったいどういう状況で発生するのでしょうか。
強力な人的担保となる連帯保証人とは?
保証人というのは借り入れする際の人的担保であり、お金を貸す債権者である金融機関や貸金業者から指定することを求められることがあります。