デビットカードとは | 日曜日キャッシング可能!

即時決済がメリットのデビットカード

デビットカードとは店舗で買い物をしたときに支払いが可能のカードです。
似たようなものにクレジットカードがありますが、それとの大きな違いは即時決済です。
というのも、貯金口座と直結しているのです。
支払いを済ませたと同時にその口座から代金が引き落とされるようになっているので即時決済となります。
一方、クレジットカードはクレジット会社に一時的に借金をしている形となっており、決まった日時にそのクレジット会社に支払うことになります。
このデビットカードの大きなポイントは借金ではないということにあります。
借金となると使いすぎや返済などで躊躇してしまう人もいるでしょうが、口座引き落としとなるためそのような心配がないのです。
もしも、口座の残高以上の支払いをしようとしても成立することはありません。
そのため、使いすぎや返済などに気を配る必要性がなくなるのです。
その一方でクレジットカードと同じように現金を持ち運ばずに店舗で買い物をすることができるので便利です。
ただ現在は、店舗での買い物やサービスのみでしか利用することができません。
その一方で、最近ではネットショッピングの利用者が増えているのです。
そのニーズを考慮してデビットカードもネットショッピングに対応できるようなシステムを取り入れている段階にあります。
そうなれば、よりいろんな場面で支払いに利用できるようになり、多くの人々がそのカードを持つようになる可能性が高まります。

ページトップへ戻る