延滞損害金が発生する状況とは

延滞損害金が発生する状況とは

キャッシングについて詳しいいろいろな情報をチェックしていると、延滞損害金というものがあります。 大体の場合は年利20パーセントを超えるとても高い金額ですが、この金額はいったいどういう状況で発生するのでしょうか。 まずは何と言っても、キャッシングでお金を借りた時に返済が滞ることで発生します。 この金額は借り入れ残高のその金額に該当する分を上乗せして支払うようになっています。 この金額は、そもそも法律で決まっている利率以上のものは適用されないようになっていますが、一方でとてもしっかり借り入れを行い返済を行っているのであれば、とくに問題はありません。 延滞しなければ支払うことはありませんので、安心してください。 ちなみに、この延滞損害金として支払った金額は、延滞したことによる損害を補填するものとなっていますから、実際は支払うだけ損というようになってしまうものでもあります。 ただし、この金額はそう簡単に減るものではなく、むしろ支払いをしないことでより増えていく傾向がありますのでしっかり支払うようにしましょう。 余談ですが、最近のキャッシング会社には延滞前に支払いについて相談できるようになっているところもあります。 じつは、こういった会社の中には予め相談しておいてもらうことで、後で損害金などを支払わなくてもいいという会社もあります。 もし、何らかの事情があって支払いができなくなるかもしれないのであれば、相談しておくといいでしょう。

関連ページ

多重債務者とは
多重債務者という状態は、一般的に『複数のところから借金がある』という状態を指します。
任意整理とは
任意整理とは、借金は返したい、でも今の金利ではどうしても返済できないという時に借金の減額などをお願いする事を言います。
闇金融、通称ヤミキンとは
闇金融の中にはこの法律を無視して、法的な利率は20パーセント以上を搾取して運営されているところがあります。
債務超過とは
資産よりも借金の方が多いので、資産を全て売却したりしてお金を作っても、まだ借金が残り、いつまでたっても返済できません。この状態を、債務超過と呼ぶのです。
避けたい!債務不履行のリスク
自己破産とは
強力な人的担保となる連帯保証人とは?
保証人というのは借り入れする際の人的担保であり、お金を貸す債権者である金融機関や貸金業者から指定することを求められることがあります。
不良債権の定義とは