SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のプロミス | 日曜日キャッシング可能!

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のプロミス

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のプロミス

<土曜日・日曜日・祝日に、その日に借りたい場合>
ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機で最短即日融資!
自動契約機でのカード受け取りなら基本的に自宅に郵送物は届きません。

詳細・お申し込み

実質年率4.5%~17.8% 限度額1~500万円
保証人不要 最短即日融資も可能
※最短1時間融資







詳細・お申し込み

Webで即日融資
※最短即日融資:お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。

詳細・お申し込み

日曜日キャッシング辞書:リボ払いのミニマムペイメントとは

元々はクレジットカードの決済方式として用いられていたリボ払いですが、最近では消費者金融からの融資の返済にもリボ払いを採用する業者が増えてきました。 リボ払いの特徴は毎月一定の返済額を決めて、その金額を支払い続けることで残高を減らしていくというものです。 この方式だと毎月の支払額が一定なので債務の管理が簡単になるというメリットがあります。 しかし、リボ払いには欠点もあります。 それは、借り入れ残高が増えても毎月の支払額は一定なので、返済期間が長くなってしまうということです。 金利は返済期間全体にかかってきますから、返済期間が長引けば長引くほど支払う利息が増えていきます。 借入残高が10万円の時でも30万円の時でも返済額は変わらないのでついついリボ払いの返済方法を選択する人が多いのですが、利息を合計した返済総額がかなり膨らんでしまいます。 こういった背景もあって、無計画にリボ払いを選択した人の中には支払いが困難になる人が続出し、業界や消費者からも批判が増えました。 そこで最近ではミニマムペイメントという方式が選択できるようになっています。 これは、あらかじめ毎月の最低支払額を決めておきながら、新しい借り入れで残高が増えた時には返済額を増やすことができるというものです。 この方式だと借入金額が少ない時には最小支払金額(ミニマムペイメント)で返済をし、残高が増えた時には増額していくことで返済期間を短縮することができます。 返済期間が短くなれば支払う利息も減らすことができるので、返済総額を少なく抑えることができます。 余裕があれば全額一括払いも可能なので、余裕があるときには積極的に返済することができます。

ページトップへ戻る