SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のプロミス | 日曜日キャッシング可能!

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のプロミス

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のプロミス

<土曜日・日曜日・祝日に、その日に借りたい場合>
ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機で最短即日融資!
自動契約機でのカード受け取りなら基本的に自宅に郵送物は届きません。

詳細・お申し込み

実質年率4.5%~17.8% 限度額1~500万円
保証人不要 最短即日融資も可能
※最短1時間融資







詳細・お申し込み

Webで即日融資
※最短即日融資:お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。

詳細・お申し込み

プロミスで土曜日・日曜日・土日にお金を借りる

プロミスのカードローンは使いやすいと大変評判が良いものです。 お急ぎの方は早ければ即日借入をすることも可能ですよ。


プロミスのカードローンの特徴

  • 【1】Web契約なら即日融資も可能

Web契約なら必要書類の提出もメールで行えるので来店する必要もありません。 申込の時間帯にもよりますが早ければ当日振込も可能となっています。
審査結果が最短30分で出るのも嬉しいですね。


  • 【2】公式サイトで借入が可能かの簡易診断

匿名で数個の項目の入力をするだけで借入が出来るかの診断が3秒でできます。
悩んでいるときや借りられるか不安なときに事前に簡易的に結果を知ることが出来ます。


  • 【3】ポイントサービスの制度

初めてプロミスを利用する方でポイントサービスに申し込みをすれば30日間無利息や 一定期間手数料無料等の様々な特典を受けることが出来ます。


  • 【4】ゆとりの極度額、安心の低金利

プロミスは消費者金融になりますが三井住友銀行グループが運営しているので 資金が他の消費者金融より豊富にあります。ですので下記の金利・極度額が実現できています。


  • 【5】利用条件が分かりやすい

年齢20歳~69歳までの方で安定した収入があれば申込ができます。 主婦や学生の方でもパートやアルバイトをしていれば審査のうえ利用が可能です。

必要書類:運転免許証(お持ちでない方は健康保険証など) 源泉徴収票等の収入証明書類


  • 【6】女性に嬉しいレディースキャッシング

プロミスは女性に嬉しい女性専用のレディースキャッシングがあります。 女性のためのキャッシングサービスとなっており、 女性のお客さま専用ダイヤルは女性オペレーターが申込みや取引きの相談に答えてくれます。

女性の方はどうしても利用しづらいイメージがありますが女性専用のサービスを設けているので、 安心して利用できますね。


  • 【7】都合に合わせて選べる返済方法

プロミスではパソコンやケータイ等のインターネットを使った返済 ・プロミスATM・店頭窓口・提携ATM・コンビニ振込・口座振替・銀行振込の7つの中から一番都合の良い返済方法を選ぶことが出来ます。 さらに借入時にメールアドレスを登録しておけばこちらが指定した日時に返済日のお知らせメールも送信してもらえるので 返済日を忘れるなんて心配もなくなります。

このようにプロミスのカードローンは『安心、速い、便利なプロミス』というものを実現できていると思います。 もしものときに備えてカードだけ作っておくということもできますのでこの機会にご検討ください。


日曜日キャッシング辞書:リボ払いのミニマムペイメントとは

元々はクレジットカードの決済方式として用いられていたリボ払いですが、最近では消費者金融からの融資の返済にもリボ払いを採用する業者が増えてきました。 リボ払いの特徴は毎月一定の返済額を決めて、その金額を支払い続けることで残高を減らしていくというものです。 この方式だと毎月の支払額が一定なので債務の管理が簡単になるというメリットがあります。 しかし、リボ払いには欠点もあります。 それは、借り入れ残高が増えても毎月の支払額は一定なので、返済期間が長くなってしまうということです。 金利は返済期間全体にかかってきますから、返済期間が長引けば長引くほど支払う利息が増えていきます。 借入残高が10万円の時でも30万円の時でも返済額は変わらないのでついついリボ払いの返済方法を選択する人が多いのですが、利息を合計した返済総額がかなり膨らんでしまいます。 こういった背景もあって、無計画にリボ払いを選択した人の中には支払いが困難になる人が続出し、業界や消費者からも批判が増えました。 そこで最近ではミニマムペイメントという方式が選択できるようになっています。 これは、あらかじめ毎月の最低支払額を決めておきながら、新しい借り入れで残高が増えた時には返済額を増やすことができるというものです。 この方式だと借入金額が少ない時には最小支払金額(ミニマムペイメント)で返済をし、残高が増えた時には増額していくことで返済期間を短縮することができます。 返済期間が短くなれば支払う利息も減らすことができるので、返済総額を少なく抑えることができます。 余裕があれば全額一括払いも可能なので、余裕があるときには積極的に返済することができます。

ページトップへ戻る