三菱東京UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローン



実質年率 1.8%〜14.6% 限度額 500
万円
保証人 不要 口座開設 不要




日曜日借入可能!会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
アイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆
三菱東京UFJ銀行 1.8% 〜 14.6% 500
万円
★★★★☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆
× イオン銀行 3.8% 〜 13.8% 10万円〜800万円(10万円単位) ★★★☆☆


日曜日キャッシング事典

リボルビング残高を確認しましょう
金融会社の返済方式においてリボルビング払いと言うのは、月々の返済の中の利息と元金においていくらと設定するものではなく、予め月々の設定金額というものを事前に決めている返済方法と言えます。 仮に今、自分の返済金額が20万円でリボルビングの設定金額が1万円であると仮定した場合、年率18%の会社であれば利息は3000円、元金は7000円が返済に当てられます。 この時の利息はリボルビング残高×18%÷12となるのですが、この時に自分の中で急な入用が出来たために20万ほど追加融資を頼んだ場合を考えてみます。 その時にかかる利息は6000円、元金は4000円となり、20万円のときと比べると残高の減りは僅か4000円となってしまいます。 そうすると、返済回数が多くなるだけではなくトータルで払う利息計も非常に大きくなり返済者にとっては非常に負担が大きいものとなってしまうのは言うまでもありません。 また、そう言った場合にはリボルビング残高が大きくなると元金の返済が僅かになるということから20万円の返済プラン⇒40万円の返済プランの自動スライドで月々の支払いが2万円に移動するという会社も多くあります。 この時、自分の中で充分に確認をしておくと良いのですが、中には返済当日にしってしまったという方もいて、返済トラブルの原因となってしまうこともあります。 なので、自分がリボルビング払いを選択する際にはリボルビング残高に注意しましょう。

PAGE TOP