アイフル

東証一部上場のアイフル


実質年率 4.5%〜18.0% 限度額 500
万円
保証人 不要 最短
即日融資

お申込み・ご契約方法【土曜日・日曜日も簡単借り入れ】

パソコン、携帯電話、スマートフォンによるWeb契約申込み ※1

※1 インターネットでは24時間365日申込みを受付しています。


店頭窓口による申し込み ※2

自動契約機による契約申し込みなど ※2

※2 今すぐにお金を借りたい場合は、インターネット申込みを行った上で電話連絡をしたり、窓口や自動契約機で契約をすると、待ち時間もなくスムーズです。



日曜日借入可能!会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
アイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆
三菱東京UFJ銀行 1.8% 〜 14.6% 500
万円
★★★★☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆
× イオン銀行 3.8% 〜 13.8% 10万円〜800万円(10万円単位) ★★★☆☆


土曜日も日曜日もアイフルでお金を借りる

土曜日も日曜日も即日融資(即日振込)で借り入れができるアイフルを知ろう! どうしても入り用なとき、たとえば消費者金融などを利用してお金を借りるときに、誰もが気にすることは、その消費者金融会社が安心できるところなのか、ということでしょう。 大切なことですから、これは当然のことです。 多くの人は、その会社の知名度などで利用を考えることが多いのではないでしょうか。 世の中に数ある消費者金融会社ですが、その中でもアイフルを選ばれる方はかなり多いです。 今はテレビコマーシャルでも人気タレントを起用して、その知名度は高くなりました。 しかし、この会社が人気なのは、なにもイメージだけではありません。 それは東証一部上場企業であることに起因しているのです。 消費者金融の中でも最大手なのです。 だから安心感が違います。 アイフルでのキャッシングローンの金利は、比較的低く設定されているのも大きな特徴です。 そして、最大融資額も300万円までとなっています。 いざ、急な出費に見舞われた場合でも、本当に強い味方になってくれるのです。 お金を借りるときにも、担保や保証人はいりません。 さらに今は申し込みもインターネットで簡単に済んでしまいます。 とかく現代人は忙しい身ですから、急な入り用のときでも、速やかにお金の解決できるサービスが必須となります。 それはサラリーマンの方だけでなく、どなたでも強く望まれていることでしょう。 そんなときに、アイフルなら借り入れ方法も返済方法もさまざまですので、簡単に利用することが可能です。

アイフルの申し込み方法とローンの条件について知っておきたい点

急にまとまったお金が必要になった時、アイフルのキャッシングローンやカードローンは安心で、申し込みも簡単です。 以下にその申し込み方法とローンの条件について紹介します。 申し込み方法は、ご自宅のパソコンやモバイル端末などインターネットで可能なほか、固定電話や店舗、契約ルームにて受け付け可能です。 固定電話は、女性専用ダイヤルもあるので女性でも気兼ねなく利用できます。 申し込みが完了するとすぐに審査が始まり、審査結果はEメールか電話で連絡が入ります。 インターネットから申し込みする場合は、最短30分で審査結果がわかります。 Eメールで連絡を受けた場合、事前に本人確認書類を郵送かファックスで送っておけば、ネットでアイフルカードの入会手続きができます。 店舗や契約ルームで入会する場合は、本人確認書類持参で受け付けが進められます。 本人確認書類には免許証や健康保険証のほか、パスポートも該当します。 いずれも有効期限内でなければなりません。 以上の手続きを経て契約が完了すると、インターネットの場合ですと指定の口座に振り込まれます。 また、後日カードが郵送で送られてきます。 このカードを使って最寄りの提携コンビニのATMや店舗でキャッシングが可能です。 ローンの条件は、満20歳以上69歳までの安定した収入がある方が申し込み可能です。 収入は正社員ではなくても、自営業やアルバイト、パートなど収入が継続的にあれば認められます。 正社員じゃないからと諦めていた方にも申し込みやすい会社です。

日本の北から南まであるアイフルの店舗/ATMの案内の利便性

今から30年くらい昔にはお金を借りるという事は恥ずかしい事であり、人にお金を貸したり借りたりする事をするものではない等という古めかしい風潮がありました。 しかし現在は如何に賢くお金を必要な時に借りて、長い人生の中で適切に利用する事で窮地をしのいだり、あるいはより豊かな人生にする為に使用したりという風に大きく変化して来たのです。 ローンを組むという場合には消費者金融企業や銀行等に行き、窓口の担当者からローンについての基礎的な事から、どれくらい貸してくれるのか等の説明を聞く事を考えて当然かもしれません。 アイフル(aiful)は本社を京都府京都市に構え、更に関東地区である東京都港区に東京支社において、全国に店頭窓口のある店舗と自動契約が可能な無人契約機、そしてATMがあります。 関東地区で見ると、店頭窓口と自動契約機の双方のある店舗は次のようになります。 @東京では新橋店・新宿南口店A埼玉県では大宮西口店B千葉県では千葉店C神奈川県では横浜西口店D栃木県では宇都宮JR駅前店があるのです。 また全て営業時間は午前9時から午後9時迄となっておりますので、会社帰りに立ち寄るという方法を、とることも出来ますのでご利用ください。 その他でも北は北海道から南は沖縄まであり、全国に合計625店舗がありますので、不自由を感じる事は皆無であると考えられます。 また提携しているATMで借り入れをしたお金を返済するための支払いも、コンビニエンスストアでトップの座を堅持している企業が経営しているインターネット銀行(1926年9月に創業し千葉県千葉市に本社を構え、全国にスーパーマーケットを展開、また金融サービスやデベロッパー等で有名な企業)等で可能です。 更に付け加えて言えば、日本でメガバンクの中で最も有名な銀行・日本で3本の指に入りATM事業を行っているコンビニエンスストア等にも対応していますので利便性の高いものになります。

歴代のCMも印象的なアイフル(aiful)の歴史

真っ赤な背景に真っ白なアイフル(aiful)の文字の看板は、シンプルながら目にとまりやすいものです。 日本の消費者金融として、1978年2月1日に設立しました。 多くの金融業者が東京を拠点としているのですが、アイフル(aiful)は京都府に本社を構えています。 また、事業者による金融事業、不動産担保金融も取り扱ってい会社です。 1968年4月に、創業者であり現在も代表取締役社長である福田吉孝氏により、個人経営でスタートしました。 アイフル株式会社への商号変更は、資本金額が5億円となった1982年5月のことです。 社名は英単語の頭文字から取っており、Aは愛情、Iは努力、Fは信頼といったように、全ての文字にそれぞれ意味合いが含まれています。 CMでも、様々なアイデアで話題を集めてきました。 1980年代に放送されたCMでは、ハート型の飾り物をポケットから取り出し、心をつかむようなキャッチコピーで放送されました。 愛のあるマネーポケットという意味が込められています。 1990年代に入ると、人気タレントを起用したりと話題をよびました。 自動契約機である「お自動さん」の認知度もアップしてきました。 チワワを起用したCMは、その愛くるしさも絡んで会社のイメージアップにもつながっています。 実際チワワのCMの影響も大きく、収入は向上しました。 しかしながら、人気の出ていた犬起用のCMは、2002年で終了しています。 このように金融というイメージを、明るく身近な存在へと変えてくれたのがアイフル(aiful)だといえます。

土曜日・日曜日キャッシング事典

騙されたくないヤミ金
ヤミ金とは貸金業を規制する法律のルールに則らずに業務を営み、法外の高金利を請求したり、 恐喝まがいの取り立てをしたり、しつこく借入れの勧誘をするなどする業者のことをいいます。 基本的に貸金業を営むにあたっては「貸金業の規制等に関する法律」に基いて、 国または都道府県に貸金業登録の届出を行わねばなりません。 そして、きちんと届出が行われると国または都道府県より、貸金業登録番号が付与されます。 信頼のおける業者は業務を行うにあたり、この登録番号を掲げています。 ヤミ金はこの届出をしていませんから、当然、登録番号は持っていません。 しかし、恐いのは虚偽の登録番号を提示していくることがあることです。 正式に登録のある業者かどうかは、金融庁のデータベースで検索するか、 財務局又は都道府県へ最新情報を照会することによって確認がとれます。 名の知れた大手で借りるなら別として、名前を聞いたことがない業者である場合は、 登録されているかを確認するのが安心でしょう。 中には大手の業者やその関連会社を装って、 利用者を騙そうとするところもあります。 大手で融資を断られた人などに、 うちなら借りられるなどと勧誘して高金利をむさぼられる危険性があるので、 上手い話には乗らないのが賢明です。 中には名の知れた業者の自動契約機やATMコーナーなどで待ち伏せして、 有利に借りられるなどと言葉巧みに勧誘してくるヤミ金もいます。 また、法律で禁止されている銀行の通帳やキャッシュカード、 年金証書などを担保にお金を貸すなどと言ってくる業者もあるので、 誘いに乗らないよう気を付けてください。

PAGE TOP